ROスキンと景色SSのご紹介
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 9月7日 | main | ROスキン >>
お気に入り

ハルバートとスザンヌは幼馴染。

ハルバートはスザンヌが好き。

 

冒険者に

「好きなものは何か調べてきて」だの

「好きな男はいるか調べてきて」だの

言う、ヘタレ君。

 

一方、スザンヌは好きな人とおそろいの指輪を作っている。

 

体の弱いハルバートのために一生懸命薬を取って来たりしていた。

 

・・・

 

ある日一大決心をするハルバート。

頼りきりだった自分は恥じ、堂々と告白すると言う。

冒険者に「見届けて欲しい」と言う。

 

 

<告白場所>

 

ハルバートはスザンヌを待っている最中に、スザンヌが作っていた指輪を発見する。

「誰のだろう。ずいぶん格好良い指輪」と彼。

 

冒険者は「スザンヌの指輪だ」と慌て、スザンヌを探す。

 

スザンヌはいたが、「指輪をなくしてしまった」と困っている。

 

 

冒険者はこっそりハルバートの元へ戻る。

指輪を返してくれないか、と彼に頼む。

 

それはスザンヌのものだから、と。

 

ハルバートは嫉妬のあまり指輪を壊し、海に投げ捨ててしまう。

 

ばちこ〜〜ん、とハルバートをひっぱたいた冒険者。

急いでスザンヌの元へ走る。

 

 

 

高かった指輪。

大切なスザンヌの指輪。

 

 

 

なんと、両想い

 

何言っていいか分からない。

 

 

・・・

 

考察をしてみる。

 

 

ポイントはこれ。↓

 

「体が弱いのに、一生懸命私を守ろうとしてくれて・・・

そんなところが好きになったの」

 

どこかでこんな台詞を言っていたスザンヌ。

 

ハルバートは病弱。

常に薬を飲んでいないと持たない体なのであった。

 

スザンヌに何かプレゼントをするため、お金も一生懸命貯めていたり。

 

「好きな男はいるのか?」と

冒険者に調査を依頼するが、

「自分のことを好きなのでは」とは微塵も思っていなかった。

 

冒険者は「どー考えてもあなたのこと好きだと思うけど」と言うのだが

 

「それだけはないよ」と一刀両断。

 

 

何気にこの人 いい人 じゃないか。

スザンヌが惚れるのが分かる気がする。

 

最後は決心するし。告白。

うじうじ「好きな男はいるのかな」とひたすら観察して数年間過ごす(今時の)男とは

ひと味違う。

 

嫉妬心は強いが

「好きな男がいるのか;;」としょげるより

ちくしょーっ!と怒り狂う男っぽさ。

 

将来ハゲそうなくらいの男性ホルモンの持ち主だ。

 

 

そんな時、姿を隠してしまうハルバート

 

探し回り、

 

ついにベインスで彼を発見。

どうやら、彼は、指輪用の宝石を探そうと、、していたのだろう。

 

スザンヌはひたすら彼の体を心配している。

 

薬を彼に無理矢理飲ませるスザンヌ。

 

しかし薬は充分足りていた。

 

 

 

 

熱い!熱すぎる。ここまで熱いとかえって心配になってしまう。

典型的な武士気質というか。

 

 

もうルビーの石言葉『純愛』が果たされたのだから、

ルビーは要らないんです。

 

・・・

 

びゅうぅうぅっぅ(ベインスの風)

 

 

 

<めくるめく濃厚な愛の時間を過ごすふたり>

 

 

終了後。

 

 

 

ふたりの絆は完全なものになったとさ。

 

-------------------------------------------------------

 

冒険者アカデミーのこのクエストがかなり好きです。

 

また見たくて新しいキャラを作ってしまった。

(スロットが空いていたから)

 

 

・・・

関係ないことばっかり。

 




スポンサーサイト



孔明の罠




HOMEPAGE