ROスキンと景色SSのご紹介
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
永世竜王=渡辺氏

雲「しかし、しかしですね」

龍「なんでしょう」

 

龍は振り返った。

 

「あの ひつじ を手に入れることは・・・虎に翼を与えるようなものです」

 

龍は驚く。

 

そして雲の元へ歩き、そのまま目をつぶって黙った。

 

雲は引き続き取り乱している。

 

「今までは・・・

古来より、風が虎に従ってきました。

 

私が、「雲」があなた様(龍)に従ってきましたように。

し、しかし・・・

その虎が

風を臣下にする「虎」が翼、を得たとなると

由々しき問題です。

 

ムッとして龍は振り返る。

 

「貴様は虎が私に勝るようになるとでも?」

 

 

雲は声を張り裂けんばかりに言った。

「そうです!!」

 

 

-------------------------------------------------------

 

 

ハムテル(高校生)「つまりアノヒトの加護を得て羽生さんが無敵になると」

 

漆原教授「そういうこと」

 

ハムテル「(龍は誰なんだろう)」

 




ついに観れた!

また

 

ひふみんから イイネ! もらってしまいました。

 

これで5回目だー

 

私が傲慢の塊にならないように日々滝に打たれようと、、思っています。

(マジで)

 

 

ETV特集アンコール「加藤一二三という男、ありけり。」

 

こちらの番組でした。

 

とても良く作り込まれていて、

製作者の方々の愛だとか魅せ方の真剣さを感じました。

さすがNHKだな、って思うー(^^;)

 

「戦い続けることこそが人生」

 

決して老後をのんびり過ごす穏やかな生活を望まない。

ただただ、ずっと果てるまで、戦い続ける。

その情熱が太陽のようです。

 

自分の生き方を誇りにはするけれど、

決して驕り(おごり)はしない。

だから

自慢しても「謙虚な人」とみなが言うのでしょう。

 

 

次は・・・

加藤先生からフォローされることが夢です。

 

 

ROからすっかりそれまくりですが・・・(^^;)

 




ハブさん

わたくしはハブさんが好きです。

 

あれは何十年前だったか・・・

短大の頃に電車でハブさんのポスターを見掛け、目がハートになった。

そんな出来事がありました。

 

秋味、というビールの広告のポスターでした。

 

この人、役者出身の棋士なの?

と、ものを知らない私は思いました。

 

役者だった

→売れなかった

→将棋やったら強い

→棋士になった

 

と頭の中で変換。

 

 

ずーっと後になって、後にも先にもいない素晴らしい棋士さんだったことを知り、

(しかも役者なんてやってない)

すごく ムカつき ました。

 

 

顔が格好良くて無敵の棋士なんてひどい!

おかしいだろ?

 

これが・・・どこにでもいる普通の美男だったら

天はニ物を与えるんだね〜と思うだけですが

 

この人はずるいよ・・・

私が認める『本物(のハンサム)』がすごい棋士なんて。

 

しかしうさぎさんは笑って、昔は坊ちゃん風の感じだったよ〜(笑)と。

坊ちゃん髪型、メガネ、昭和のころの少し格好良くしたのび太君、だと。

 

まさにそれだった。

 

何て ダサさ だ!

わざとやってるんじゃないかってくらいダサイ

 

もうなんか、「ダサいよ〜^^」なんて言ったら、

当たり前じゃんそんなのって周りからも本人からも白けた目で見られる勢い。

 

 

で、、

私が丁度二十歳くらいになったあたりに私好み(秋味)になった、と。

 

 

うさぎさんは言った。

「多分ね、好み なんだよ。ひぃちゃんの。ハブさんがね」

 

好み。

好みは金城武とかチェン・ボーリンとか真田広之とか

濃い顔してる大陸顔(日本人顔じゃないアジア顔)なんですが。

 

ハブさんは濃くない。

 

 

Q.ハブさんを食べ物で例えて下さい。

A.茶碗蒸し

 

あっさり。

 

薄い。何て言うか「まこと」の心を歌う奈良ではなく、「もののあはれ」を歌う平安のこころ。

 

 

 

良く分からないけど。

「好みの顔」と「好きになる顔」は違うのかもしれないですね・・・

 

 

好みの顔=この異性と子孫を残せば優秀な子孫が残せると脳が判断した顔(であろう)

好きになる顔=単純に「心」が動いた顔

 

後者は人間にしか生じえない感情でしょう。

昆虫とか動物は前者しか生じえない。

 

「好き」になるから子供を残す訳じゃないですしね。

 

 

だから、「好きになる顔」ってのは人間である証の画像、と言えます。

 

 

 

ハブさん、是非是非、今年は永世竜王に!

お祈りしております・・・

 

 

-------------------------------------------------------

 


私「うさぎさん、うさぎさんはね、ハブさん=あいらぶゆーな人だと思っている。

私はどういう顔がどうとか、というのを語っている」

 

うさぎさん「しかし、しかし、しかしですね、ハブさんは格好良いですよぉお」

 

私「格好良い、格好良いんですけどね、

しょうがないんですよ、好みなんだから。好みっていうか」

 

うさぎさん「確かに整っているし、将棋上手だし、ひぃちゃんの好みだし。

どうだ、と。どうだ、と」

 

私「そう、ならないんですよ。ここで「好きなんだろ〜w」と決めつけるのは素人のやることなんですよ。

そーじゃ、ないんですよ」

 

うさぎさん「しかしこれ、ひぃちゃん=ハブさん好き確定でしょう」

 

私「好きじゃないですけどね(汗)」

 

 

私「ところで、このやりとりを読んでいる本物うさぎさんは、

私とうさぎさんの仲は良いと思っているのだろうか、悪いと思っているのだろうか。

後でハブさんに聞いてみましょう」

 

うさぎさん「はいはいそうですね」

 

元ネタ:

 




孔明の罠




HOMEPAGE